高タンパク質のフード

人間でも最近は肉体改造のために筋トレと共にプロテインを飲んでタンパク質をせっせと摂取している人が大勢います。実は猫ちゃんのためのフードは基本的にタンパク質が高めに設定されているものが多いようです。猫用のフードは完全肉食のフードなのでタンパク質40%を超える高タンパク質のキャットフードが結構多いようです。タンパク質含有量が低いキャットフードは肝機能に問題を抱える猫ちゃんなどにおすすめのフードです。諸説ありますが、成猫用のフードとしてはタンパク質含有量が30%台のものを選んでおけば問題はあまりないようです。

逆にあまりに高タンパク質なキャットフードが肝臓に負担がかかるとも言われています。そして高齢の猫ちゃんだと低タンパク質低カロリーなもののほうが多いようです。自分の家にいる猫ちゃんの年齢や健康状態にもよりますが、全体的にタンパク質高めのキャットフードの中でも時の経過と共にある程度フードの種類を調整することも必要なのかもしれません。もしも何かしらの問題がある場合は動物病院の獣医さんと相談して適切なキャットフードを選ぶようにしたほうが良いかもしれません。また食欲が低下した猫ちゃんでも特定のキャットフードの匂いであれば食欲がそそられることもあるようです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×